「僕たちの道」

旅に疲れた朝も
風が強い夜も

旅人は何度でも
立ち上がり進んで行く


強く照らす日差しに
水の無い大地で

花が今もどこかで
咲こうとしている様に


後悔だとか悲しみを

引きずる為に
生きる訳じゃないって事

君は知っているはずだよ


生まれた場所とか
見てた風景も

何もかも違う 僕らの行く

それぞれの道は
いつかどこかで

繋がっているから

「独り」じゃないよ


さあ歩を進めよう
僕たちの生きる証を探して

充分過ぎるくらいの 過去煩い
途方に暮れた日々を 今越えて


いつか願った あの未来
何の確証も未だ無い

けれどきっと 僕ら立ってる

すぐ側に


引き戻せない 別れだとか
消え残る夢だとか

忘れられないなら…

いっそ 連れて行けば良いよ


幾つも分かれた 道の途中で
それぞれの夢を 刻んだ欠片

その一つ一つが いつか大きな
人生という名の

パズルになるよ


時に迷い 立ち止まる

靴底を擦り減らし
歩けない日には

どうか 思い出して欲しい
敬虔な旅人の唄を


どんなに遠く離れてても
同じ空を 僕ら見上げる

そんな ありふれたフレーズ
一つ一つが宝物

かけがえない 僕ら成すピース


生まれた場所とか 見てた風景も

何もかも違う事を 誇りに思うよ


幾つも分かれた 道の途中で
それぞれの夢を 刻んだ欠片

その一つ一つを 並べて僕らの
人生が少しずつ

出来上がって行くよ


f:id:une02:20210226200625j:plain